茨城県結城市にある内科

つぼいクリニック

内科・糖尿病・甲状腺疾患・高血圧、脂質異常症、痛風などの生活習慣病・小児科のクリニック

ブログ

食品に生えたカビ 

梅雨になり気温が上がり湿度が高くなると

食べ物にもカビが生えやすくなります。

 

昔はカビが生えた部分だけ取り除けば食べられるとも言われてきました。

そのためお正月の餅に生えたカビも取り除いて食べたりもしていました。

 

カビたパンのイラスト

 

しかし今ではカビの生えた食品は目には見えなくても

内部にまで菌糸が侵入していたり、胞子がついていて

その食品全体が汚染されていると考えるようになりました。

 

カビは食中毒を起こしたり、強い発がん性を持つものもあります。

またカビは加熱してもその毒性を取り除けません。

これからカビの活動が活発になります。

 

●食品は正しい保管方法で保管し消費期限内に食べること。

●開封したものは期限内でも早めに食べること。

●冷蔵庫も清潔を保ちカビで汚染されないようにすること。

 

などに十分気をつけてください。

 

ガクアジサイのイラスト

↓関連記事↓
ご自宅で出来る
睡眠時無呼吸症候群検査
自由診療
順番お知らせサービス
無料送迎
ブログ